スポンサーリンク

ジャグラーの台選び4※高設定なのに負ける理由について②

【2、プレイ数が少ないので引き負けしている】

そして次に2番のケースです。これは試行回数が少ないので、たまたま引き負けるパターンです。

ジャグラーのシミュレータなどで設定6を回してみると終日負けることがあります。
履歴についても9000回転回して、ビッグが全く引けない、レギュラーも本当に設定6なの?という感じ(´・ω・`)

結局、途中から打つ訳ですから9000回転も回すことは不可能です。
せいぜい、3000回転くらい回せれば良いでしょう。

3000回転×3=9000回転の試行くらいではたとえ設定6でも勝つとは限りません。
つまり本当に高設定の台を3日打ち続けても3連敗することがあるということです。

スポンサーリンク

実際にはもっと負け続けることもあり得ます。
それでジャグラーが嫌いになったり…。

ですからここが厄介なところではあります。
仮に高設定でも負ける上に、全くレギュラーすら引けないということもあって高設定じゃないのかなと思う場合もしばしばです。

しかし大事なことはそこで折れるとか折れないとかではなくて、本当に高設定を打てているかどうかです。
100%は分かりませんが、そこを見抜いて短期的に負けたとしてもしっかりと高設定を打てている状態を作るのが大事です。

余談ですが、最初から高設定と分かっているアイムジャグラーを朝から打ったことが何回もありますが、朝から調子が良いという訳でもなく、設定1以下の挙動のことが多々ありました。ある程度プレイ数(3000回転)を重ねるとそれなりに回数が付いてきますが、高設定と分かっていない場合だったら間違いなく捨ててると思います。

そういうことで高設定っぽい台に座ったからと言ってもそのままの勢いでボーナスを引ける訳ではないということも多いです。別に前任者がたくさん出玉を出したから出ないという訳ではないでしょう。

ですから信頼できるお店で高設定っぽい台を拾うということがポイントになります。
ここを外してしまうと、疑心暗鬼になったり、徒労に終わることになります。

また店選びを軽視すると、ジャグラー攻略の難易度が一気に跳ね上がると言っても良いです。
全く状況が分からないお店で高設定っぽい台が空いているから飛び付くというのは問題アリです。

この店は大丈夫というホールで実戦してプレイ数を多く試行することが重要です。
ですから信頼できるお店では絶対に日和らないことも大切ですね。

アイムジャグラーで必死に回すのは余り好ましい行動ではないような気がしますが(笑)、勝ちにこだわるという視点なら必要不可欠な行動です。

できるだけ多く回すという姿勢がその月のトータルの結果に現れますので、さり気なく早く回す(笑)という意識を持つべきでしょう。

高設定なのに引き負けしているという場合は、短期的に負けても全く問題がありません。
パチスロの場合はパチンコと違って、一日の回転数を多く稼ぐことができます。しかも確率が高い(当たりやすい)ので、いわゆる「確率の収束」が早いと言えます。

パチンコのフルスペック(1/400)の台ですと期待値が高い台を打ち続けても、その月に負けてしまうことはよくあるということです。しかしジャグラーの場合はその月に毎日高設定を打てていれば、収支がマイナスになることは余り無いでしょう。

また毎日、1000回転しか回せないとなると負けるかもしれません。1週間でやっと一日終日勝負したのと同じ期待値になります。また全ての日に高設定っぽい台に座ったとしても、必ずしも高設定ではない可能性も高まりますよね?

20日稼働で大体は3000回転ほど回せているという場合は負けにくいです。その代わり大勝ちできるということも考えにくいでしょう。日によっては当然負ける日が出てきます。

ですが、トータルで見るということは必要ですので、せめてその月の結果で見るという考え方でいかないとやってられません(^_^;)

→続いては肝心の店選びです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です