スポンサーリンク

アイムジャグラーは出たら辞めればいいんだの嘘※オカルトは機械損失

アイムジャグラーってそんなに出ない台です。

2千枚も出たら上出来。そこからハマって飲まれることも多々あります。
(全部飲まれる訳じゃないけど)

だからある程度出たら辞めていいんだよという人は多い、というかほとんどかもしれません。

でもそれって正しいのか?というのが今回の話です。

スポンサーリンク

高設定なら止めるべきではないのが常識

これは建前ではなく真実です。

ありのままをお伝えしているのですが、最近では余り賛同は得られないのかも?

最後まで全ツッパするのが基本です。

高設定でツッパできるかできないかで勝ち組、負け組が決まると言って良いです。

パチンコ屋に勝ち組がいるのか?ということ自体は激しく疑問符でしょうが…(^_^;)

(※悪意はありません)

パチンコ・パチスロの基本をおさらいしよう

今更ホルコンとかそういう話は不要ですよね。

高設定の場合は(理論上)差枚数がプレイ数が増えるごとにプラスが大きくなります。

低設定の場合は(理論上)回せば回すほどマイナス。お金が消えていきます。

ココが重要というか、コレしかない訳ですね。

だから、僕的にはあんまり面白みがないのですが…。

という大原則というか当たり前のことを踏まえれば、間違いなくプレイ数を稼ぐことが差枚数が更に増えることに繋がります。

理論上は分かったから実際にはどうなんだ?

え~と、実際に回せば回すほど増えるか?ということについて正直に話さないといけませんよね。

実際のところ、2~3千枚をピークにハマることが多いです。

全ツッパとか意味あんの?といった差枚数の推移になることが多いと思います。

ずっと右肩上がりの時は余り無いと言えます。

正直者ですね僕は(^_^;)

時には朝一から調子よく2千枚程度プラスからハマり始めて差枚数0(チャラ)に戻り、そこからゆっくりとまた盛り返して結局朝に出た差枚数と変わらない結果になることもあります。

これじゃ意味ねえじゃん、時間の無駄じゃん

って思われる方も多い、ほとんどでしょう。

だからスロプからアイムジャグラーは嫌われる、打つの鬱だと言われる原因かもしれません。

機械割が低いのでしょうが無いです

こういうことは必然的だと個人的には思いますね。

右肩上がりに出続けたら毎回5千枚とか出てしまうでしょう。

そういう機械には設定がそもそも入らない!ココも重要…

それはあり得ない訳で、そういう機械なんだということが第一点です。

そして重要なことは朝に調子よく引けてその後調子悪いというのは始めから決まっている訳ではなく、単に前半あなたが調子よく引けただけという話に過ぎないと言えます。

いつも調子よく引けるなら苦労しません。

ハマりたい訳ではありませんが、アイムジャグラーは高設定でも所詮その程度なので今日良いところで辞めてハマりを回避したとしても次回のハマりを回避することは出来ないのです。

結局同じ結果が待っていますよということです。

良いとこ取りをしようという気持ちは確かに分かるんですが、結局BIG確率やREG確率は一定の数値になるので良いところで辞めるのは自由ですが、結果は同じです。

いや、むしろ、次に確実に高設定に座れる訳ではないので機械損失しているということになりますね。

何か長くなって申し訳ない

長くなったので辞めたいんですが、何となく言いたいことは伝わったのでは?と思われますがどうでしょう。

まとめとしては、

・ハマりは回避できない

・どうせ次からハマるから高設定でハマっとけ

・高設定ならBIGが引けなくてもREGが助けてくれる

まあこんな感じが打ち続ける理由です。

もちろん、大原則としてプレイ数を稼ぐこと以外には差枚数は増やせないんだという考え方があるということなのです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です