スポンサーリンク

座った瞬間に高設定をほぼ確信とは?※設定は店の癖から判断しましょう

座った瞬間に高設定をほぼ確信するとは、設定が見えている状態です。

もちろん、超能力とかそういうことではありません(^_^;)

単にその店の設定の入れ方がワンパターンで明日どこに設定が入るのか分かっちゃう状況のことなんですね。

スポンサーリンク

設定を見抜くにはどうするべき?

・熱いイベント日にはジャグラーはカド台は高設定とか、真ん中に設定を入れてくる

・高設定の台の両隣も固めて高設定入れてくるとか

・高設定不発台は据え置きしていくる

いろいろ有ります。
そして店側としてはそういう癖はわざと変えないところが多いです。
それは常連さんに取って欲しいからです。

ただし毎日来る人に取って欲しいか?と言われればどうなんでしょう…(^_^;)

余りやり過ぎと変えられるという原因になりがちです。

そこは置いておくにしても、そういうお店の癖はある程度、お店に通わないと分からないことです。

また、ランダムに設定が入って読めない店の場合は朝からはパスします。

また実際に打ちながら店の癖を確かめるとか、お金と時間の無駄になります。

ですからデータを取って、家に帰って分析するということが近道です。

朝から打つ場合は1週間分のデータでお店にGO!という訳にはいかないと思いますが、急ぐべき場合も多いです。

ここはちょっと難しいところはありますね。

設定状況と攻め時の判断は難しい理由

例えば今月は出しているホールでも来月出すとは限りません。

パチンコホールの経営というのはその時々によって判断が変わってくるので、常に出しているお店というのはありません。

だからこそ甘い時期を逃さずに攻めたいところが本音です。

ジャグラーが甘い時期というのは、やはり導入期が一番です。

台が古くなってきたので新しいジャグラーに交換しようとかなると一斉に台が交換されることになります。
そういう時期だとシマごとに新台入れ替えですから狙って行ってもいいかもしれません。

もちろん、最近は新台入れ替えと称して回収してくるお店も多いので、そこも見極めないといけません。

ある程度回収が終わってから出すというホールが今は多いです。

ですから朝から勝負というのはジャグラーの場合はいろいろ考える要素が多いです。

しかしアイムジャグラーは特に機械割が低いので、失敗できません(^_^;)
間違えて低設定を一日打ったら取り返すのが大変です。

(間違って出てしまって一日中低設定を打ってしまったなんていうこともあるんでしょうが…)

また常にジャグラーは出しているという優良店も探せばあると思います。
そういうお店なら朝から打っていってもいいんじゃないでしょうか?

そういったお店にたどり着けるかが現実的な問題ですが、周囲にホールが多いという環境の方ならば朝からや途中からといったいろいろな戦略が取れると思います。

自分に合った形(どれくらい時間が使えるか)で無理のない勝負を心がけて下さい。

最後に朝から勝負の場合は、「かもしれない」というレベルの場合は避けるべきです。
「もう間違いないレベル」という場合は設定が分かっている訳ですから朝から打ちましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です