スポンサーリンク

ジャグラーを打つ場合はお店選びが最も大事です

ジャグラーを打つ場合に最も重要なことはお店選びです。
設定を見抜くとか早く回すとか、そういった基本的なことも必要ですが、店選びに失敗している場合はその時点ですでに負けています。

それ程重要なことですから、ここだけはしっかりやるべきでしょう。
極論を言え、お店選びで成功しているならその他のことは軽視しても勝てます。

難しいことは抜きにして、優良店で高設定っぽい台を打っているだけで自然に勝てます。

スポンサーリンク

ジャグラーのお店選びのポイント

お店選びのポイントとしては、まずは高設定がしっかり毎日置いてあるのが条件です。当たり前なのですが、もし勝てないという場合はここを軽視している場合が高いです。

ジャグラーの高設定が無いというお店で勝負しても必ず負けてしまいます。
ですからジャグラーコーナーが優良なお店を探すことから始めると良いと思います。

昔ならジャグラーなんてお年寄りが打つようなコーナーでしたが、最近はARTの稼働がとても低いのでパチンコホールとしてはジャグラーコーナーの扱いが別になっているケースが多いです。

稼働重視で中間設定メインというお店もあれば、高設定もアリというメリハリが付いたところもあります。もちろん設定1ばかりというお店も多いです(苦)。
ここの見極めは非常に重要だと思います。

一番良いのはやはり、高設定がいっぱいあるな~という優良店を見つけるということです(勝ちたいならですが)。
そして実際に自分がその高設定に座れることも条件です。

途中から打つ場合は高設定がよく空くお店を探すべきですね。

いつも同じ常連の人が最終的に高設定に座ってしまうような環境だとなかなかそこに入っていくのは難しいかもしれません。

ですから上手そうな常連の人がジャグラーについてはノーマークな環境があってしかも高設定があるというお店でないと難しいですね。
中々そういうお店が無いのも事実かもしれませんが、勝ちたいならここは外せない要素です。

高設定が比較的に多くあって自分が座れそうだという状況ならそのお店は合格です。
別にジャグラーの10台に何台の高設定が入っているとか、そういった明確な基準は必要ありません。

高設定が実際に入っていて、しかも座れるという状況があれば良いと考えるのが合理的な判断だと言えます。

アイムジャグラーの場合は大体は途中から打つと形になると思います。
それが最もリスクが低いですし、高設定があるお店なら早い段階で勝負してもリスクが低減されます。

具体的なジャグラーの終日データの見方

高設定があるお店の目安としては、各台の終日のデータを見ることです。
総回転数が8000回程度でレギュラーが30回以上ついている台が毎日のようにあるというお店は明らかに高設定があると踏んで良いと思います。

稼働がそこまで無いお店になると設定が怪しくなると言えます。それでも明らかに設定5・6が毎日あるなと思える履歴があるお店を探すということが第一歩です。

優良店が多少家から遠くなっても低設定だらけのお店で打つよりは高設定があるお店で打っていた方が明らかに経済的にプラスです。
ガソリン代・交通費は多少遠くても優良店なら十分まかなえます。

ジャグラーのお店選びで大切なこととは、自腹で確かめないということです。
ホールの履歴を最低でも1週間以上はチェックして、設定状況をしっかりと把握しましょう。

全く稼働がないというお店の場合はお店がそもそも儲かっていないので、設定も入っていないと考えて良いです。
仮に入っていたとしてもどれなのか分からないので、手を出さない方が無難です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です