スポンサーリンク

アイムジャグラーは設定6以外は狙うな?は本当なのか

アイムジャグラーは設定6以外は捨てるべきだという人もいます。

これは確かに一理あります。
設定5なら捨てるという人もいるでしょう。

ただこれは設定6が多くある状況のみです。

今もそうであれば6狙いにこだわるのもありでしょう。

スポンサーリンク

設定5と6の違いについて

ただ設定5と6ではボーナス確率に差はほぼありません。
ビッグ確率が6の方がわずかに良いですが、1/273、1/268となっているので、分からないレベルです。

設定6判別の方法としては有名ですが、ぶどう確率を打ちながら見ていくことです。
カチカチ君でぶどうを数えるという人もいるかもしれません。

ちなみにブドウ確率は以下の通り。
設定1~5 1/6.49
設定6 1/6.18

試行回数を増やせば見抜けるかな?といった差です。
ホールによってはカチカチ君禁止とかもあるみたいですが。

ぶどう確率で本当に設定6が分かるのか?

さて、ぶどう確率で6が本当に分かるのか?と言えばこれは人によって意見に違いがあるようです。
個人的には余り信用できないと思います。

2000~3000G回してぶどう確率が悪いということで5でも捨てるというケースがあるでしょう。
しかしそれで100%分かるのか?と言えば微妙なところです。

明らかにぶどう落ちが悪いということであれば、それも一つです。
5以下なので捨てるというルールなら私も絶対に捨てます。

結局自分のルールをいかに守るか?ですのでここに正解はないのです。

ぶどうを数える場合の注意点

逆にボーナスが付いてきていないのにぶどう確率が抜群に良いという場合が厄介です。
ぶどうを数えながら設定6の数値だからと言って、設定1以下のボーナス確率のジャグラーを終日、ドヤ顔で回すのは危険この上なしです(^_^;)

低設定でもぶどうだけ設定6の引きをしてしまうことがあるので迷う原因になりやすいですね。
設定読みに自信がある場合にボーナスが付いて来なくて、ぶどうが良いなんていう時も泥沼に陥りやすいです。

数えないよりは数えた方が良いのですが、過信は禁物です。
余りにもボーナスが付いて来ない場合は捨てるのもアリです。

たかだか106%しか機械割がないので捨てても惜しくはないという意識が持てれば良いと思います。
それよりも設定1を回避する事のほうが重要だとは思います。

ここらへんの押し引きについては人それぞれですので、ブドウ確率のみで全ツッパの人も確かにいます。
出ないのに打たないといけないというのは辛いものですが、ボーナスはある程度付いて来ない限りは深追いは避けたいです。

例えばレギュラーボーナス(バケ)が付いてきている、しかもぶどうが設定6。しかしビッグが全く来ないという場合は勝負しないといけないんでしょうね(^_^;)

余り行きたくないのですが、引けてないということが原因ですので、回すしかありません。
逆にレギュラー確率が悪く、ぶどうだけ良い場合は自分の場合はほぼ捨てます。
間違いなく設定6だという確信があれば別ですが、出玉が飲まれた時点で辞める判断が正しいかなと思われます。

ボーナスが全く引けない展開ですと投資がかさんで大変なことになりがちです。
せめてレギュラーが引けていれば頑張れるのですが。

また設定6以外は捨てるべきかどうかは何とも言えないところはあります。
それはその人の目標によりますね。
一日打つなら6じゃないと割に合わないということであれば捨てるべきでしょう。

設定5でも渋々打ってもいいかなという人なら捨てる必要はないです。
それならば一々、ぶどうを数える必要もないですし、ぶどうで迷うこともなくなります。
ただボーナス確率とブドウ確率、両方を加味して考えるのが一番無難ではあります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です