スポンサーリンク

信頼できるお店とは?ジャグラーとパチンコ店

このサイトでよく「信頼できるお店」という表現をしますがこれってどういう意味なんだろうか?ということをテーマにしたいと思います。

そもそもパチンコ店を信頼できるのか?

ここは人によると思います。また公には「良い店だ」と言っているが裏では全然という場合もありますよね…。

パチスロライターみたいな人には顕著でしょう。

スポンサーリンク

信頼できるお店とは?

これは『ジャグラーに高設定が入っている』という程度の話です。

まあ入っているということであれば信頼できるお店という認定にしています。

正直、パチンコ店というところを全面的に信頼しているか?と言えば、それは人それぞれでしょう(^_^;)

パチンコ店は味方?敵?

パチンコ店とはそもそもお客にとって何なのでしょうか。これも人によるということが正解でしょうが、勝ちに行っている人にとっては少なくても敵ではないということは確かです。

負けている人にとっては倒すべき敵に見えるかもしれません。

しかし勝っている人は味方ではないにしろ、敵対してはいけない存在です。

パチンコが好きだけど今のパチンコ業界に若干、違和感や反発を感じている人はいるかもしれません。

台が面白くないとか、メーカーが新台を乱発させている、勝てない、渋い・・・などなど。。。

いろいろな不満があるかもしれませんが、少なくとも自分が行っているホール、しかも勝たせてもらっているお店は敵ではないということは間違いありません。

メーカーは敵だ!?

それではパチスロやパチンコの機械メーカーはどうなんでしょうか?

上場しているメーカーも多く存在しています。

これは全てホールに足を運ぶ皆さんのお金でここまで成長したと言えます。

ただ最近はどうも実際に打っている人たちとの距離が遠くなり、同じような台ばかりでツマラナイという意見は多いようです。

パチスロもパチンコも規制が足かせとなっている問題もあり、さっぱり出ない台が多いというのは確かですね。

パチスロもパチンコも出玉スピードが著しく遅くなっています。今のパチスロで万枚を出す場合は半日程度かかる?とか。(5号機で万枚は出したことがないです笑)

その割にお金が減るスピードは今のart機は4号機時代と変わっていない、むしろ早いような気がしますね。
(new島唄と同じくらいでしょうか・・・w

適切な距離感を持つ

お店に関してはよほど酷いことをしない限りは特に文句を言われることはありません。

例えばパチンコですと変則打ち禁止であればそのルールに従うしかありません。例えば止め打ち、ヒネリ。ルールを破ると出玉没収、貯玉没収につながります。没収されると絶対に戻ってきません。

パチスロの場合は禁止事項は特に今はないですよね。子役カウンター禁止も余りないですし。リプレイハズシ禁止とか昔はありましたが。

そういうことでルールを守っていれば勝っていても特に文句は言われることはないです。

まあ客同士の方が多いのでそちらは面倒になります。ジャグラーはそんなでもありませんが。

過信は禁物だ

パチンコ店の経営方針は変わりやすいものです。

信頼できるお店といっていてもいつ設定が落ちるかわかったものではありません。

そういった意味では過信は禁物でしょう。

特にアイムジャグラーは設定が見抜きにくいですので5から4に落とされてもハッキリと落ちたと認識するのは意外と時間がかかったりします。っていうか気付かない場合も多いです。

異変を感じたら勝負を避けるのが賢明です。

何か、最近最初だけで失速するんだよな・・・という変化。

中々難しいのですが、本当に最近はシビアですね~~。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です